トップ

アルバイトの求人について

求人の雇用形態は

ハローワーク

フリーアルバイターの求人

フリーアルバイターを歓迎する求人は増えており、特に営業時間の長い接客業では時間に融通が利くという理由から重宝される存在になっています。特に結婚などの際には正社員ではなくアルバイトで働いている男性にあまり良い印象を持たないケースもありますが、たとえ雇用形態はアルバイトであっても、正社員と同じくらいの時間帯を仕事に費やして頑張っている方も多いのです。求人を応募する際には面接官からなぜ正社員ではなく、フリーアルバイターという道を選択したかと聞かれる場合もありますが、遊ぶ時間を増やしたいなどといったマイナスイメージの理由でなければ、自分の考えを堂々と語れば良いです。

フリーの仕事歴を生かす

現在フリーランスで仕事をされている方が新たに企業に入ろうとする場合は、自分の専門性がすぐに活かせる企業に絞って求人を探す事が大切です。具体的には、自分の前職での仕事歴や持っている資格をリストアップし、その中でどの項目にも当てはまる職種や業務内容を自分で把握し、それにあった企業の募集を探します。また、募集がなかなか見つからない場合は、電話で直接探す事も効果的です。特に専門性の高い職種はつねに人材不足なのにあまり積極的に求人広告を出さないので、電話でねばり強く探すと、意外と空きが見つかります。また、そういった場合の面接では特に特性を出すことで、年収交渉もしやすくなります。

↑PAGE TOP